2016年11月25日(金)  職員紹介◆,廚蠅浹鐶隹雜郢抉膸業所
CIMG6760.JPG 4608×3456 7828K居宅介護支援事業所(以下居宅)には現在5名のケアマネージャーが所属しております。
ご利用者さまごとにケアプランを作成し、連絡・調整などの業務をしています。
今回は居宅の管理者である竹村から一言!
「一人ケアマネからはじまり、ひとりずつ増え…今は5人になりました。メンバーはずっと変わらず♡♡
元気がモットー!!ご利用者さまに寄り添うケアマネージャーでありたいと思っています。」
次回職員紹介は小規模多機能の方々を行う予定です。

2016年11月11日(金)  設備紹介
〜運動マシン その3 リカンベントバイク〜
grp1112053025.jpg 1520×628 332K今回は、設備紹介の続きをさせていただきます。
こちらは、リカンベントバイクと言い自転車運動が行えます。
普通の自転車型と比較すると、まずは背もたれにもたれながら腕は支える棒がある為、姿勢保持にかかる負担が軽減出来ます。しかし、普通の自転車型では足の重みをも使用して足を回転させるのに対して
リカンベント型では足の重みは回転にあまり寄与しない為、運動のほとんどを自力で行う必要があります。
それゆえ、下肢から体幹まで満遍なく鍛えることが出来るメリットがあります。
脳卒中後のリハビリとしても一定の評価が得られており、一般的な体力増強にも適しています。
負荷を全くかけない状態から、強い勾配の坂を登る程度の負荷まで設定でき、ぷりまでは90代後半の方も調子に応じて使用されていたり好評です。

2016年11月11日(金)  設備紹介
〜運動マシン その4 アブドミナルクランチ〜
grp1112052737.jpg 1282×666 332K次に、腹筋と背筋を中心に体幹を鍛えられるアブドミナルクランチです。
左の画像では体を前傾していますが、この動きでは腹筋群を。逆に起こしてくる動作では背筋群と臀部等踏ん張りに必要な筋肉を鍛えられます。
これまでの3つの機械と比べて、股関節や体幹の動きが多いため運動効率は高いですが
圧迫骨折の既往や股関節が人工関節であったりする場合は注意が必要です。
画像では両手でバンドを握っていますが、必ずしも両手である必要はなく片手での利用でも可能です。
しっかり踏ん張れる環境を整えれば臀部・背筋を同時に鍛えられる数少ない機械です。
ほとんど無負荷の状態から、20代男性でもかなり力む程度の負荷まで6段階で調整可能で10分〜15分程度を目安に心地よい負荷で行っていただいております。

過去ログ 2012年01月 12月 
2013年03月 04月 06月 07月 08月 
2016年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2019年01月 03月 04月 05月 06月 08月 09月 11月 12月 
2020年01月 02月 03月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 

 

Copyright (c) 2011 株式会社ぷりま